オープンロード

5/16

会場に着いてからの動きから

午前中はクラス3の出走までのサポート。緊張なのかあまり食欲がなかったが、こまめに食べて無理やり詰め込んだ。

雨が強かったうえに序盤の序盤で落車を見てしまい、とてもナーバスになってしまった。が、走るしかないので補給を取りながら準備。

アップは最初ローラーで、心拍を上げて体を温めてから1周試走。試走はするか非常に迷ったけど、雨も弱くてあまり濡れなかったので結果的に良かった。久々でどんなコースが忘れていたが一周したら色々思い出せた。

スタートはナーバス故消極的になってしまいほぼ最後尾。今回は序盤にペースが上がらなかったので良かったが、速くなっていたら大分マズかった。転んでからというもの恐怖心が出てきてしまったけど、今回で少し克服できた気がする。

レースが進むにつれてだんだん慣れてきて、徐々に位置を上げて前の方に行くことができた。持っていた補給は早めに取るように心がけ、ペースが緩んだらすかさず何か食べた。

半分くらいまでは順調に走れていたが、残り10ちょっとで足が攣りそうになる。幸い誤魔化しのきくペダリングを見つけたので攣るには至らず、水を沢山飲みながら何とか耐え続けた。1番攣りそうになるのが心臓破りの頂上だったので、そこまでに出来るだけ位置を上げ、頂上で抜かされながらペースを刻んで最後尾にへばりつくみたいなことをやって切り抜けた。この時点で補給の足りて無さがあって若干後悔してた。

後半は運良くペースが落ち着いたので足を休められたが、ラスト1周の心臓破りはペースが上がって案の定攣り、遅れてゴールした。

良かった点

・初めて100km超えのレースで完走できた。補給のことなど未知数のことが多かったので、次のステップに進む為に良い経験になった。

・足が攣りそうになるまでは前方に位置取れた。去年沢山走っていたのが功を奏して位置の上げどころが把握出来ていた。


反省点

・補給の準備が足りていなかった。はじめての長距離レースだったのでアレだが、どれくらい必要か分からなくて十分な量を用意していなかった。今後は余るくらい用意する。あとはサポートとの連携(というか自分の一方的な連携不足)。どのくらいの距離で何が欲しいとか、そういうことを出来るだけ細かく伝えておくべきだった。補給を取るのも何回か失敗して、(満身創痍で握力が無かったのはあるけど)普段からちょっとでも練習しておけば違ったと思う。取り敢えずここら辺は走ってみないと分からなかったので良い経験になった。

・序盤の位置が後ろすぎた。今回は運良く助かったけどいつもならあっけなく千切れていた可能性もある。

・今回は暖かかったので良かったが、防寒用に透明のジャケットは持っておくべきだった。

・足攣り対策。攣るのも実力のうちなので多様ならなきゃ仕方ないところもあるが、ちゃんと対策していれば最後千切れない程度には走れていたかも知れない。知識不足なので調べたり聞いたりして次のレースには万全の準備で臨む。

展開が全然把握出来ていなかった。川野が逃げていたのは流石に分かったが、今誰が逃げているのか、そもそも逃げがあるのかいないのかも分かっていない時があったので、前方にいるだけではなく展開にも目を向けられるようにしなければならない。インカレでは受け身にならずチームに貢献できる走りをしたいので、その為にもそれが必要である。

取り敢えず無事に還ってこれてよかったです。

サポートしてくださった宇佐美監督、マネージャー・選手のみんな、学連で試合の運営を頑張って下さった芳賀さん、栗原ありがとうございました。

p.s.学連のライブに人気ユーチューバー「あほくさ太郎」が登場して激アツでした

小原慧

小原慧

理工学部機械工学科3年 今年のインカレロードは、足切りになろうが無視して完走します!

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 何が必要?

  2. 練習報告

  3. バベルっぽさ

  4. 意外と短い100マイル

PAGE TOP