試合結果

全日本学生選手権

1km:1分12秒3
タンデム:19秒4

いずれも本来の大きな目標である全国での入賞には程遠かった。

1kmはいつもどおり前半9割5分で。ただ後半脚が重かった。あとからタイムを見ると前半も遅かった模様。タンデムは53ー15で。下ろすまでの走り方はシナリオ通り。ベストのタイムで走れたが全国はそんなに甘くはない。ただギア比の改善と回転力の強化で十分インカレでは戦えると思う。他大の情報もよく集められた笑

ピストは練習でST200で17秒1が出たりハロンが12秒09出たりと徐々に成長しているのでインカレまでにますますその勢いを加速させたい。ロードもピストも中途半端なのでピストに専念したい気持ちもある。よく考えたい。

1km対策にはパワマでは30秒もがきが有効とあるサイトで見たので、しばしば行いたい。

宇佐美総監督ご夫妻、川崎監督、遠くまで来て頂きありがとうございました。古さんと小野さんには練習の段階からたくさんのアドバイスを頂きました。それからサポートの皆様にはいつも頭が上がりません。サポートの皆のためにもインカレで結果を出せればと思います。


最近の記事

コメント

    • 大橋
    • 2012.07.06

    SECRET: 0
    PASS:
    中島が劇的にハロンタイムを上げた・・・と言う、200m測定線ではトップスピードに乗せていること・・・やっているか?練習とは言え大越の200が12秒00はおかしい!!!
    方山の指摘、測定線でトップスピードに乗せるためには何が必要か?
    200mラインに入る前のコーナーから直線に入る下り坂で足を使わずにスピードを(気持ちとしては)トップスピード直前迄上げて、降ろすところで目一杯行く必要がある。
    400バンクなら、降ろす直前のホームはタイムキーパーに「お願いします」なんて言ってる場合ではない。
    ここでのスピードが200のタイムでトップクラス選手に入れるか否かを分ける。
    このコツが掴め無いうちに51×15だ、49×14だといっても、タイムが出る訳が無い、順序が違っている。
    12.10なら社会人6年目の3日間の合宿の最終日に49×15で出したタイムだよ!!!

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 四倍詐欺

  2. 練習報告

  3. みや3

  4. あの建物大学の図書館らしい

PAGE TOP