試合報告

大町美麻
3週目DNF

出走後のパレードランでいい位置をキープするも、いざレースが始まると登りのたびに位置が下がり、3番目の登りで千切れてしまった。その後下りで踏んで追いつくもその間に回復していた集団に登りでついて行くことができず、完全に置いていかれてしまった。レース前、極力に集団の前の方にいろとアドバイスを頂いたが果たせず悔しかった。ちぎれた後は集中もきれてしまい、登りはキレが無かった。

ちぎれてしまった原因として、シンプルに登りのスピードが足りていなかった事が本質的なのだと思う。しかし無意識に考えてしまったレースの後半の事やペース配分を度外視して、後先考えず踏みまくればもう少しはついていけたはずなので、次回以降は何も考えずとにかく先頭に食らいつく事だけを考えてロードレースに望みたいと思う。

またコーナリングの調子が良かったため、千切れた後下りでカーブを攻めた。しかし一度後輪がロックし、かなり横滑りしてしまい肝を冷やした。かなりの恐怖感だった。今後は慎重に攻め続け、ギリギリの一線をしっかり見極めて行きたいと思う。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 〜復活のG〜

  2. 役員

  3. 新たな刺激

  4. 個人ロード

PAGE TOP