試合結果

今回の白馬でのレースは、大きな悔しさが残る反面、自分の成長を少し感じることの出来た試合だった。
前回は体調不良という情けないミスでほとんど何もさせて貰えなかったが、今回のレースは両日ともコンディションは比較的良く、自分の実力を出せた試合だったと思う。
その反面、レース運びやペース配分などの技術の稚拙さが顕著に出て、DNFという結果に終わりインカレに出ることが出来なかったのは、とても悔しく、お世話になった先輩方には本当に申し訳なく感じている。

試合内容
初日
当日入りだったこともあり、レース前のアップは十分と言える物ではなかった。また、スタート地点に並ぶのが遅れてしまい、結果的にレース序盤での位置取りの失敗に繋がってしまったことは反省しなければならない。レース内容としては、集団での位置取りに失敗し、最初の週で千切れてしまい、粘ったものの8周目で降ろされてしまった。位置取りの大切さを再認識したとともに、うまく立ち回ればもっと長く走れたのではないかと思うととても情けない。

2日目
昨日のような失敗は絶対にしたくなかったので、レース開始15分前にはスタート地点に並んだ。そのおかげもあってレース序盤は集団の前の方で走ることができた。しかし、知らぬ間に逃げ集団に巻き込まれてしまい、無理なペースで走った結果足を使い切って8周目でDNFとなってしまった。前日の情けない結果もあって焦り過ぎてしまい、周りがきちんと見えていなかったと思う。体の調子は良かっただけに、とても情けない。しかし、逃げた事で先頭の景色を見ることが出来たのはとても大きな経験になったと思う。

総括・反省
平地での足の限界値がまだまだ足りないので、もっとパワマなどでインターバル練をして踏む力を鍛えて行く必要がある。また、集団の中での位置取りが致命的に下手なので、試合に出て経験をもっと積むと共に、猿が島練などで試行錯誤を繰り返して行きたい。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 個人ロード

  2. カテゴリー

  3. 小原さん、しっくりくる服がない

  4. 個人ロード 試合結果報告

PAGE TOP