試合結果

9.20 第63回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会 23位(91人出走、32人完走)
2:06’33.197(+2’04.745) 35.70km/h パレード区間含む
—-
data:1:48’57/68.482km(ついに小数第3位までわかるように!)
IF0.867/BikeScore137(TSS151)/W’100%
Panaracer race typeC evo2 6.0bar&6.2bar(memo;リアは低すぎ)
—-
伝統の秩父宮杯に個人参戦してきました。残念ながら、メイン集団という名のグルペットでのゴールに甘んじてしまいました。

パレードは集団中~後方からスタート。やはり実業団の選手が多いせいか、すんなりとは前に上がれず、時々前に隙間が空いたときに無理やり前に出る感じ。スタートは相変わらず集団中方。
スタート直後から、いきなり集団が一列棒状になる。やばいと思い、空気抵抗を受けながら前に上がる。最初の周回ではいきなりきつい登り区間に入るが、ここでは平地より楽に感じたので、一気に前に出る。やはり同じようにペースを上げる選手がおり、6人位の小集団で登りを終える(2:28/351w)。しかし、下りが安全運転だった為か、後ろを引き連れてしまい、無駄脚を使ったので平地区間やコーナーの立ち上がりで位置を少しずつ下げながら走り、集団中ほどで、かつ、先頭が見える位置に下がってゴールラインを通過する。少しややこしいので、ここから一周目と表記する。
一周目、二周目ともに散発的にアタックがかかる感じで、かなりペースは速い。集団中ほどに位置をし、登りでは前に上がって、中切れに合わないように注意する。三周目になると、かなり人数は減っており、恐らく50人以下に。登りを終えて、足を休めようと後ろに下がったら、最後尾になっており、驚く。少しペースが落ち着いてきたので何かあると思ったら、案の定、数人の逃げが決まる。有力選手がまだ残っていたので、次の展開に備え、集団内を移動。何人かブリッジをかけ始め、追走集団ができ始めたので、僕も集団から飛び出て、前の追走集団の手前の数人まで追いつくが、そこから追走集団まで届かず、結局集団を引き連れてしまう。そこからローテを回すが、協力者も少なく、脚がそろっておらず、試合終了。登りではペースを上げる選手がいるが、前には追い付かない。
その後は、平地の前半では後ろで休み、平地の後半ではスピードに乗せやすいので前を引き、そのまま登りに突入し、後方からペースを上げながら前に上がってくる選手に合わせて先頭付近で登って下る、というのを繰り返した。やはり登りと下りで集団が絞られた。ゴール前では、位置取りも悪かったし、人数も多かったので、安全第一ということで、もがききらずにゴール。最終的な逃げ集団は13人だったので、この集団はメイン集団というよりグルペットととらえるべきだったと思う。

まだまだ力不足だし、四年目であることを考えると、今回クラス1やE1の選手を中心とした逃げ集団に乗る力がなかったのは情けないが、相変わらず着実にパフォーマンスはアップしているので、もう少し頑張ろうと思う。2学期が始まって1学期よりさらに練習量が減っているが、これまでの知識・経験を生かせば、まだ伸びるはずなので、次の目標はジャパンカップで全日本資格をもう一度取ることに設定する。
—-
今回、移動に加えて下さり、かつサポートもして下さった駒澤大学の方々、ありがとうございました。また、杉野は優勝おめでとう!

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. 5本で辞めれないっしょ

  2. 土日

  3. 本当に怖いもの

  4. 夏休みまであと1日

PAGE TOP