何が必要?

2021/06/14 おやま小小(もがき1)×2大レー

 昨日の疲労が普段以上に残っていたので、行きはめちゃめちゃゆったりと。1周目で少しは回るようにはなった。

 一本目のもがきはメンバーが濃くてどう走るか迷ったが、川野につけば最低でも2番手は取れると思い川野の動きに合わせることに。でもこれがおバカだった。僕は知らなかったのだが、彼はスプリントが強いらしく、なんとTOJの東京ステージでも優勝しているらしい。知らなかったなあ〜。というわけで最初の1秒で離され、それからはただただ離されていくだけだった。そんで中途半端なもがきになりいろいろ抜かされて沈んだ。

 2本目は堅実にもがき切る感じ。かなり長めのスプリントになったので、最初に出し切り過ぎず、最後に捲られないように。かかりが非常に悪かった。ギアの選択ミスかな。

 レース走は、アタックをかけて一旦抜け出して、2人か多くても3人で逃げ切るみたいな感じの練習をしたいなあと思っていた。最初の坂は、どうせ石井さんがあげてくるだろうと思っていたし、案の定あげてきたのでついていった。そこで集団が崩壊するようなことはなかったので、平坦区間でスプリントアタック。西村しかブリッジしてこなかったので、そのまんま行こうとしたが、車ストップ。振り出し。登りは何人かを泳がせつつ徐々にペースアップ(西村が)したのだが、信号ストップ。集団は振り出し。ここで小原さんの逃げ切り確定。三高坂は何故か誰もついてこなくて、心配になりペースダウン。本当はここで一人で行きたいところ。脚も精神も弱い。最後の病院坂の前の平坦区間でもアタックをしたが、何故か振り切りきれず、坂を引いてたら果てて終了。

 今日はかなりの本数アタックをできてよかった。でもやっぱり一人では行きたくない、行けないというのがあって少し躊躇してしまいがち。独走力つけないとなあ。

 ところで今ふと思ったのだが、実際のロードレースでこんなにもがいたことないなあって。201000wみたいなもがきはほとんどしたことないよなあって。たぶん今の僕がレースで生き残るのに必要なのは、こういうもがきっていうよりは、1〜2分450w500w(わからんけどたぶんこれくらい)20本耐えるみたいなのかなと思った。そしてそれを耐えた先に、こういう高強度のもがきを使う場面が待ってるんじゃないのかなって。決してこういう練習が無駄だとは思わないし、レース走ってめっちゃ大事だと思うけど、「中強度を何本も」みたいなのが実は重要なんじゃないかなあって思いました。特に僕はそこが弱いので。

ps昨日の夜テーブルに足の指をぶつけた。今日の朝からめっちゃ痛いし、真っ青。高強度では足の指にも力を入れるので、早めに治したい。ヒビとか入ってないといいな…

佐藤 岳

佐藤 岳

法学部政治学科2年 向上無限

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. ですよ。

  2. 松美DAY3

  3. 練報

  4. 松美DAY2

PAGE TOP