2022/02/25

昨日刺激を入れられなかったので30-30を5回。やり過ぎず、やらな過ぎず。保谷に来た人は大体知っている私のレース前の刺激入れ恒例のストレートで。

40-20とか20-10をローラーでやる事も考えたが、実走平坦でやるのが1番効果的だと思った。刺激を入れるという意味で効率的なのは前者だろうけど、実際レースのアタックを想定して機材の反応や今のポジションの良し悪しを試しておきたかったので。

一本目だけ高くて685を叩いた後、残りは580〜600程度。シッティングって難しいなぁ。登りなら全部650くらいで揃えられるのかもしれないけど。

昨日、変速調整してもらったので加速がとてもスムーズになった。今チェーンとギアがどう噛み合ってるかって脚を伝ってわかってしまうから変速が悪い状態だとトルクを抜いている時間も長くなってしまう。だから新型の電動とか本当にスプリントのような場面では有利だと思う。競技活動を応援してくれる”お姉さん”を見つけたら買ってもらいたい。

また今年は最終コーナーが凄いことになっているらしい。ラスト周回の180度の後にどれだけ良い位置まで脚を使わずに上がれるか、がかなり重要になるだろう。こういうコースだともはやスプリント力なんかよりも位置取り力(技術、脚力)がずっと重要。毎年3,4,5あたりで曲がった人が勝ってるからどれだけスプリントに自信があっても7番目以内で曲がらないと厳しい。

まぁ、みんな考える事は同じだからカオスだろうな。今は何よりもGENTが大事なので怪我だけは無しで。

今年はまだまだレース強度の仕上がりが良くないけど、今日刺激を入れたから大丈夫だろう。開幕戦っていつもどれだけ走れるか不安だけど、どれだけ走れるか楽しみ。あと2日。

たくさん食べて超回復!

川野碧己

川野碧己

経済学部3年  常に全力

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. れほ

  2. 2days 木祖村

  3. れんほ

  4. 練習報告

PAGE TOP