試合結果

2014/11/16
東京六大学対抗ロード大会(30分+3周):DNF

はじめてのクリテリウムだったため、変に考え過ぎず全力で付いていこうとした。
しかし、直線ではなんとかついていけるものの、コーナー後の立ち上がりで毎回離され、それに全力でもがいいてなんとか追いつき、またコーナーで離されーの繰り返しだった。そうこうしてる間に脚がなくなり、追いつけなくなって降ろされてしまった。

課題としてはコーナーの入り方と、コーナー後の加速。
各校のトップレベルの選手達のコーナーリングや走り方を間近で見て学ぶことができたことや、あのスピードを体感できたのは、大きな収穫だった。

RCS#11 浮城の町行田クリテリウム(2km×10周):7位

六大学が終わって息を付くまもなく則出走。六大学の直後だったので全体的に遅く感じた。
何事も経験だと思い、積極的に前に出て集団をコントロールしたりしてみた。が、うまく出来ていたかは不明。
コーナリングも六大学の時にみたコーナリングを見様見真似でやってみると上手く出来た。
位置取りもラスト一周までは完璧だった。

しかし、ラスト一周に入った時に周りがスパートをかけたが、先頭で引いていたため、判断が一瞬遅れてしまい出遅れてしまった。

普段ならもがけば付いて行けただろうが、六大学の疲れか脚が足りず追いつききれず、ゴール前でもまくれずゴール。

課題はやはりスプリントに尽きる。それなりにえぐっている時に、もがく力を上げなければならない。連光寺での練習が最適だろう。

朝早くから、サポート、応援、大会運営をしてくださった方々、ありがとう御座いました。
来月の行田で絶対に上がります。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

月を選択

最近の記事

  1. いつの間にか3月

  2. Yes/Noクエスチョン

  3. 1週間前

  4. 管理能力

PAGE TOP